言葉の壁をなくせるか?POCKETALK W(ポケトークW)

言葉の壁をなくせるか?POCKETALK W(ポケトークW)

ソースネクストで販売している、POCKETALK W(ポケトークW)が、気になります。

いろいろな国の言葉があって、文化もあります。

言葉の壁がなくなればいいのに、と思うこともあります。

だからこそ、語学を学んでいるのですが、なかなか思うようにできないのが、歯がゆいところです。

努力が足らない!!

自分でもわかりますが。。。

イリーも翻訳機として、便利なので、旅行などに持っているアイテムになると思うのですが、すごいな!と思う翻訳機が発売されてますね。

それが、POCKETALK W(ポケトークW)です。

  ↓    ↓

POCKETALK(ポケトーク)

POCKETALK(ポケトーク)W

74言語に、対応している音声翻訳機です。

初代のポケトークよりも、進化しているそうです。

初代を知らないので、どこが?

というのは、わかりませんが。

パワーアップの点の一つとしてあげられるのは、操作部分だそうですよ。

操作のボタンが、扱いやすくなったとのことです。

ポケトークのCMを見た時、思ったのが、会話が、わりとスムーズなところに、これ、いいね!

と思いました。

74言語という、たくさんの言葉に対応するので、英語しか話せない?

とか

フランス語しかわからない?

とか

ポルトガル語が、話せない?

とか、さまざまな場面、出会い、お仕事でも、会話が成り立つのは、言葉の壁がなくなることにつながると思います。

より一層な精度が、上がっていって、今後世界の方とのコミュニケーションできることを想像すると、ワクワクしますね。

日本語しかわからなくても、ポケトークがあれば、任せて会話ができることを想像すると、ストレスない社会になりそうですね。

ポケトーク おすすめポイントは、こんなところ。

・翻訳ボタンが押しやすくなった

・画面サイズが初代モデルに比べて約3.2倍の大きさに

・画面が大きくなったことでタッチパネルで使いやすくなった

・3Gから4Gに対応し、通信プログラムも改良したため、初代モデルに比べて翻訳スピードが最大7.5倍に

・翻訳精度向上。中国語やタイ語などのアジア言語は顕著に向上。

・世界74言語に対応かつ音声で言語切り替えが可能に

・eSIM内蔵と、eSIMなしの2モデル販売。両モデルとも空のSIMスロット1個付、WIFI接続可能。

・新しい機能、POCKETALKセンターと連携してブラウザ表示が可能に。これによりブラウザに表示した翻訳結果をコピペでき、外国語のメール作成や学習がより便利に

・デュアルスピーカーの強化。0.8W 1個 → 1.5W 2個になった

・翻訳履歴は端末保存10,000件まで増加(サーバー連携時無制限)

音声がでるので、片言の英語とかじゃなくても、大丈夫なんですね。

スペルを、これって、どう読むの?どう発音するの?

なんていうことなく、日本語で話して、相手の国の言葉が、ポケトークから、聞こえてくるのです。

その時々の、言葉の選択は、必要みたいですが、ボタン操作も楽になったそうなので、使いこなせれば、便利だと思います。

ポケトーク