はじめまして、「挫折しても語学を学びたい」のサイトを作ろうと思ったきっかけ

はじめまして、「挫折しても語学を学びたい」のサイトを作ろうと思ったきっかけ

BOSE OE2体験

初めまして、ジェネっちと申します。

語学がもっとできたらいいなと思いながらも、なかなかうまくいかない今があります。

そんな私にも過去において、英会話教室に半年くらい頑張って通ったことがあります。

しかし、想像以上に英会話、言葉の壁が大きかった気がします。

コミュニケーションくらいできるようになればと思いながらも英語に対して拒否反応を起こしてきました。

自分の中での葛藤もありましたが、仕事の都合上の理由から、通えなくなってしまい結果、挫折しました。

英語の勉強は、学校の授業でもありましたが、私は、英語の時間が持ちベーショの上がり下がりが激しかった気がします。

楽しい授業であれば、積極的に手をあげて応えていた気がします。

答えが当たっていたかは、覚えていませんが、楽しかったことだけは、記憶に残っています。

よし!!今度こそやるぞ!!

と意気込んでも、長続きしないのも私の悪い癖。

自分の意志が弱い?そうなのかもしれません。

何とか社会人になってから自分からやろう!!と思って始めた英会話教室でした。

英会話教室において、外国の先生によるワンツーマンでしたが、先生によっては、楽しいと思ったこともありました。

少し英語が分かった?気がして次へのモチベーションに繋がったこともありました。

しかし、先生によっては、まったく授業が思うように進まず、苦痛に感じることもありました。

英会話教室では、日本語を話してはいけない!というルールがありまして、それが苦痛でした。

環境が整えば、何とかなると思っていましたが、コミュニケーションが取れなくて辛かった思い出が残っています。

コミュニケーションが取れないもどかしさは、ほんと苦痛でした。

事務所の方から、励ましのお葉書も何度もいただき、励みになったこともありましたが、コミュニケーションが取れなくて、授業についていけない英会話教室は、私にとっては高いハードルのようでした。

語学を学ぶにあたって、なんでもそうでしたが、興味が湧く、楽しい、といったモチベーションというのが、私にとっては、重要です。

辛いと、拒絶反応を起こしてしまい、長続きしないです。

挫折してしまった英会話教室の授業料も無駄になってしまったかもしれませんが、自分の中では、よく頑張った方だなと今では思いますので、無駄ではなかったと思いたいです。

仕事の都合上で、予約もキャンセルし、キャンセルの後の予約がうまい具合に取れなくなっていったところで、辞めることに。。。

人からすすめられたのではなく、自分から進んではじめた英会話教室。

身につけたかったですが、語学への想いが、なくなったわけではないです。

そんなわけで、挫折しても語学を学びたい!!という想いをサイトに込めて、コミュニケーションができるくらいのレベルに達するように慣れたらと思います。

もし、当サイトを読んで共感したり、もう一度頑張って見よう!!と思っていただければ幸いです。

私自身も、励みになります。

現在、語学については、聞き流しの英会話「スピードラーニング」を聴いています。

挫折を繰り返しても、また学ぶ意欲がある限り頑張っていこうと思います。

いつか、コミュニケーションがとれるくらいのレベルになれたらなと思います。