英語がなかなか出来ないのは、なぜだろう

英語がなかなか出来ないのは、なぜだろう

英語が話せたら、どんなに素晴らしいだろう!!

そう思っているのですが、努力が足りないということなのだろうか。

多くの外国人の方が、観光に来ていて、よく見かけるようにもなっています。

お仕事中にも外国の方と、接する経験もあります。

今後も増えていくのだろうな!

と思います。

青空

国際社会は、ますます加速していくのでしょうね。

企業の中でも、英語力は重要になってきていると感じている方も、多いと思います。

最低限、英語を話せないと、困るよ!

ということで、どうすれば、いいのだろうか?

スピードラーニングの聞き流しでは、英語と日本語が、文章(英会話)の中で、英語の音が、耳に自然と入ってきているという実感を、体験しました。

聞き流しを繰り返すことで、英語の音のスピードに対しても、自然な感じになるようになりました。

お仕事中でも、その成果は、あったと思います。

それまでは、英語に対して、ナチュラルなスピードについていけず、一つの単語を拾うことしかできなかったのが、スピードラーニングを続けているうちに、英会話が、耳に入ってきて、全部を理解できなくとも、おおざっぱにですが、内容も理解していたことに、驚きを感じました。

あっ!聞き取れていたんだ!!という驚きでした。

アルクの3ヶ月ヒアリングマラソンにチャレンジした時は、ネイティブのスピードに、けた違いに早いことに気づき、壁は打ち破れず、途中で挫折してしまいました。

ついていけなかったです。

でも、ひと昔前の自分よりは、聞き取れていたのではと、思いました。

英語の音、会話の中の言葉という音に対して、反応しようとしていたので、ヒアリングマラソン挫折したけど、やって良かったと思っています。



英語を含め言語には、「音」を使う【聴く】【話す】と、「文字」を使う【読む】【書く】の4つの能力が必要になります。

いつか、会話が弾むような、そんな英会話が出来る自分になれたらいいな!!

そう思うのです。

英会話ができるというのは、やはり、聴くことと、話すことが、大事ですので、ロゼッタストーンの声を出して、発音することで、言葉の壁を打ち破れたらいいなと、思います。

さまざまに、語学教材がある中で、どれがいいのか?

長く続けられそうな教材が良いと私は、思います。

やってみないと、続けられるかどうかが、分からないかもしれないですが、私が、スピードラーニング始めた時のように、これなら、続けられそうだな!!

と思ったときに、やって見ても良いと思います。

声をだして、自分の発音が、正しいか迷ったら、ロゼッタストーンを、チャレンジして見るのもいいかなと、思います。

コアレッスンについて

 ロゼッタストーン

ロゼッタストーンなら、自分が話す、会話(発音)を、分析することも可能です。

赤ちゃんから、大人へ変わっていく過程で、しゃべられるようになった時のことを、想像してみてください。

大人同士が話す言葉などを、聞き取り続けていくうちに、ある日突然、言葉を発することが、きっかけになりますよね。

第一声の言葉から、徐々に会話になっていくのですよね。

耳で、聴いて、言葉に出す!!

当たり前のことなんですよね。

英語を話すことで、上達するきっかけになるのでしょうね。