100日サポートのお電話をいただきました。

100日サポートのお電話をいただきました。

スピードラーニングビジネス無料CD

スピードラーニングのエスプリラインの外国人スタッフの方から、お電話をいただきました。

直接の電話には、出ることが出来なかったのですが、留守電のメッセージが入っていました。

英語で、ぺらぺらぺら~っと、留守電の始めに流れてきたのに、正直驚きと、焦りがありました。

なんじゃ?こりゃ~!

変なところから、電話が来た?かと思いました。

よ~く、聞いていると、スピードラーニングという言葉が、聞き取れて、「あっ!!」

と思い、これは?何??

と、いう感じです。

留守電のメッセージ、いたずらかと思ったのもありましたので、スピードラーニングと、エスプリラインという言葉に、いたずらではない。

という、留守電ということに気づきました。

焦ったよ、まじで。。。。

留守電の内容を、理解するまで、何度も何度も聞き返して、理解できました。

ペラペラペラ~

と、言葉の後に、100日サポートで、スタッフの方が、私のために、電話してくれたことを、繰り返し聞いて、やっとわかりました。

それから、スピードラーニングの英語の練習用に、電話での、フリートークがありますので、ぜひ、時間のある時に、練習してみてくださいね。

との事でした。

今回、いきなり外国人スタッフの方が、ペラペラペラ~っと、留守電に入れてくれたものですから、焦りましたが、そのあと、少し片言の日本語で、フリートークの事や、日本人スタッフのいる、フリーダイヤルに、お電話してほしいとの内容も、ありました。

今後の英語の勉強に役立つ、サポートもあるよ!!

との、内容に冷静になれば、ありがたい!!

とても、親切なのだということも、わかりました。

留守電最後に、

はばぁ、ないすでぃ。。。

との最後の言葉も、ほっとする留守電でした。

スピードラーニング 英語を初めて頃、こんな電話あったかな?

などと、思い返していましたが、今回始めた、スピードラーニング ビジネスでは、こうして、わざわざ、連絡してくれたので、時間を見つけて、お電話してみようかな!

と思いました。

留守電でさえ、焦ったのに、大丈夫?自分。。。

なんという想いも、ありますが、練習してみたくなりました。

株式会社エスプリライン