スピードラーニング・ビジネス 第3巻は「アメリカの取引先を接待」です

スピードラーニング・ビジネス 第3巻は「アメリカの取引先を接待」です

スピードラーニング・ビジネス第3巻届く、こんな感じに届きます

スピードラーニングのビジネス、第3巻が、届きました。

届いたのは、5月ですが、開けたのは、6月に入ってからです。

ちょっと、開けるまでに、間が開きました。

よしっ!!

やろう!!

という気持ちにならないと、なかなか進められないですが、自分のペースでやるのが、続けるためには、良いのかもと、私は思っています。

第3巻は、「アメリカの取引先を接待」です。

英語と日本語が、交互に会話の流れが、聞いていれば分かるので、頭の中で会話の内容を楽しむという感じで、聞いていきます。

話すというレベルには、やっぱり、声を出していかないとと、焦りますね。

受講特典の、電話で、話すというのを、勇気がないので、5月分の2回を、無駄にしてしまいました。

スピードラーニング・ビジネス第3巻、聞いてみた

いつものように、CDをパソコンで、聞いてみました。

クラシックの音楽の心地よさで、リラックスしながら、英語を聞き流せるのは、ほんと、気が楽でいいですね。

切羽詰まって、もうどうにかして、マスターしなければいけないとか、期限が、いつまでに。。。

といったことがない私なので、こんなペースになっています。

もちろん、最終目標は、会話ができるようになることです。

電車や、仕事中において、外国の方達の会話が、たまに耳に入ってきますので、そういう何気ない会話も、もしかしたら、普段家族や、友人たちとの会話と同じように、会話できたら、素晴らしいと思うのです。

スピードラーニング・ビジネスについてくる教材は、CDと、テキストと、BIZPedia

届く教材には、CDと、テキストと、冊子(BIZPediaビズベディア)です。

スピードラーニングを、やっていてよかったと思う一つに、ビズペディアのような冊子があるというところです。

この冊子を読むのが、楽しみなのです。

第3巻に入っていたビズペディアは、「多様な文化に合わせたおもてなし」について、紹介されていました。

仕事をしていると、相手を接待することがあります。

自分の持っていた常識と違うことがあるということを、教えてくれました。

外国の方は、それぞれの文化がありますから、お食事やお酒の席を作る際には、あらかじめ相手の方の好みや、食事制限といったものを聞いておくとよいそうですよ。

確かに、牛肉を食べない人もいますし、豚肉を食べることを禁止されている人もいますよね。

接待のない国もあるそうで、お支払いを、自分で払うのか、相手側が払うのかを、その場の状況による、判断が必要になるそうです。

そういうためになる情報が、冊子の中に、たくさんあります。

読んでいて、楽しいです。

国際社会におけるコミュニケーションでは、アピールが大切になってくるので、会話には、積極的になるのがよいそうですよ。

そういえば、私も昔、ブラジルへ仕事で行った際、パーティの席で、なるべく話しかけられないようにしていましたが、それは間違っていましたね。

たっぷりとある時間の中で、いつの間にか、会話に耳を傾けて、少しでしたが、多くの方と話すことが出来ました。

いろいろ積極的に話しかけてくれるので、私もその時間、楽しく過ごせました。

ポルトガル語は、ほぼ、理解できなかったですが、英語で、話しかけられると、自分も、出来る限り、身振り手振り交えながら、会話していたのを、懐かしく思い出しました。

この時も、もっと会話できたら、もっと自分の意見が話せたら、もっと、素敵な時間になっていただろうと、思いました。