翻訳機ポケトークに新しい仲間が、できました

翻訳機ポケトークに新しい仲間が、できました

AI翻訳機ポケトークに、新しい仲間が、できました。

ポケトークは、手のひらサイズでしたが、大画面モデルタイプのポケトーク S Plusです。

7月8日(水)にカメラ翻訳搭載の大型AI通訳機「POCKETALK(ポケトーク) S Plus」(31,800円・税別)が、発売されました。

画面サイズが約1.85倍(3.97インチ)で、連続使用時間は約1.2倍になりました。

モニター画面が大きくなったことで、見やすさもよくなっています。

ポケトーク Sは、名刺サイズというコンパクトなところと、写真が取れることで、翻訳したい文章、看板なんかも、何て書いてあるかが、分かりやすくなって便利でしたね。

3.97インチという画面になることで、それまで、文字が細かくて見づらいという、不満が解消されると思います。

相手の方にも、大型のモニターになることで、より見やすくなって、不満が解消されたと思います。

ポケトークS 看板を撮影

写真は、ポケトークSです。

知りたい文字を写真に写せば、訳してくれます。

ソースネクスト

ポケトークW持っているのですが、写真機能は、魅力です。

新しいポケトーク欲しくなりました。

ポケトークWも、アップデートがあったりと、まだまだ、サポートもあるので、安心して使えます。

でも新しいのが、どんどん進化するので、心移りしますね。